愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 愛犬をガンから守るための基礎知識 » ガンの種類とかかりやすい犬種

ガンの種類とかかりやすい犬種

犬のガン(腫瘍、しこり)の種類、かかりやすい犬種などをまとめました。早期に発見して治療を開始するためにも、ぜひ参考にご覧下さい。

しこり?腫瘍?犬のガンの種類と特徴

一口に犬の癌と言っても、内蔵、骨、皮膚など腫瘍ができる部位によってさまざまな種類があります。外から腫瘍が見えない場合もあれば、しこりがあっても癌じゃない場合などもあって、実に複雑な病気なのです。ガンの種類とそれぞれの症状をまとめてみました。

犬がかかりやすいガン

  • 乳腺腫瘍

最も犬がかかりやすいと言われているのが、乳癌(乳腺腫瘍)です。6歳以上のメスに多く、乳腺部にしこりができるのが特徴。悪性の場合は切除が必要ですが、約50%は良性の可能性があり、温存をするケースも多いそうです。

  • 脂肪腫

6歳以上の犬に見られる腫瘍で、切除すれば完治する比較的優しいガンと言えます。体の表面に脂肪のかたまりができたり、筋肉の間にできた場合は歩き方に異常が見られることもあるそう。

  • 骨肉腫

大型犬の前足にできやすい、骨にできる恐ろしいガンです。足の腫れやひきずって歩くなどの症状があり、激しい痛みを伴うのが特徴。一度発祥すると肺へ転移するケースも多いため、発覚した際は直ちに足の切断手術をする必要があるそう。

  • リンパ腫

リンパ球にできる悪性腫瘍。あご下、脇、股下、首などに腫れが出るのが症状です。治療は抗がん剤の投与が最も効果的。

  • 口腔ガン

歯茎や下、口の中の粘膜、のどなどにできる腫瘍で、早期に発見しやすいガンのようです。悪性の場合は、あごの骨も含めて切除が必要。

  • 肛門周囲線腫

6歳以上の去勢していないオスに多く見られる腫瘍で、肛門の周囲に腫れや化膿、出血などの症状が出ます。治療は切除がメイン。

  • その他

膀胱などの泌尿器官、胃ガン、大腸ガン、子宮ガン、脳腫瘍など

心臓以外は全ての部位で、腫瘍が発生する可能性があるそうです。

ガンにかかりやすい犬種

犬種によって癌のかかりやすさがあり、以下の順に多くなるそうです。

  1. ゴールデンレトリバー(全体の15%以上)
  2. パグ(10%以上)
  3. ラブラドールレトリバー(10%以上)
  4. シュナウザー(9%)
  5. コーギー(8%)

その他にも、ダックスフンド、マルチーズ、トイプードル、チワワ、ポメラニアンなどに多く、ほとんどの犬種が癌にかかる可能性はあると考えるのが良さそうです。

年齢では、6歳以上から発症率が上がり、7歳で10.1%、10歳では6頭に1頭の17.5%ものワンちゃんが癌で亡くなっているのだそう。

うちのミルミルも7歳で乳腺腫瘍が発覚したのですが、当時はゴールデンレトリバーが癌になりやすいことなどは全く知らず、もっと早くから知っていれば…と飼い主として知識が足らなかったことがとても悔やまれます。

これをご覧の皆さんは、是非それぞれのガンの症状を参考に、普段から愛犬としっかりコミュニケーションを取って、毎日の予防、早期発見に力を入れてみて下さい。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~