愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 愛犬にやさしい癌治療~栄養療法のすすめ » 免疫力を高めて症状を抑制

免疫力を高めて症状を抑制

さまざまな犬の癌治療がある中で、今再び見直されている栄養療法。サプリや食事の改善によって期待できる治療効果やメリットについてまとめました。

犬の癌をケアする栄養療法(食事の改善&サプリメント)のメリット

犬癌の栄養療法犬の癌治療の選択肢のひとつとして、自宅で食事の改善やサプリメントを活用して行う栄養療法があります。体の全ての基礎とも言える食生活を見直すことで、免疫力を高めて、症状を緩和させるのが目的です。

何と言ってもメリットは、愛犬への負担が少ないこと。治療による副作用の心配もないですし、自宅で今まで通りの生活をしながら療養できるのは、ワンちゃんにとっても飼い主にとっても、一番安心で幸せな方法と言えるかもしれません。

手術を受けた場合は、術後の痛みに耐えたり、後遺症に悩まされたり、最悪の場合は麻酔によってそのまま亡くなってしまうリスクも。抗がん剤や放射線は、癌細胞以外の細胞も殺してしまうので、副作用がキツイと言われています。

ツライ治療を行っても、再発や転移をする可能性があるというのも何とも言えないですしね。

栄養療法は、科学治療によるリスクや負担は一切ないことから、愛犬に優しい治療法として、最近は動物病院などでも栄養療法を薦めるところが増えてきているようです。

サプリメントによるペットの病気改善効果

いくらワンちゃんへの負担が少ない治療とは言え、効果がなければ意味がないもの。サプリメントによる栄養療法を行う動物病院からの報告には、こんなデータがあるようです。

  • 猫リンパ腫の肺腫瘍が寛解

肺全体に腫瘍が見られる猫のリンパ腫が、サプリを飲ませてから何と1ヶ月で改善したそうです。抗がん剤を使わずに寛解に持ち込めるのは、今までの常識からすると驚異的だそう。

  • 高齢犬の乳癌が劇的に回復

15歳の高齢パピヨンでかなり進行した乳癌だったそうですが、サプリを飲ませたことで症状が劇的に回復。手術をすることなく、その後は、最期まで苦しまずに元気に過ごせたそうです。

  • 猫の多発性肺腫瘍が改善

治療開始時にはレントゲンで複数の影があったそうですが、サプリを服用して2ヶ月弱で消えたそう。抗がん剤でもこれだけの効果はなかなか得られないのだとか。

このような成功例に共通しているのは、飼い主が病院に治療を丸投げせずに、自分たちでも食事改善などに取り組んでいることだそうです。とくに犬や猫の癌治療の場合、新しい治療法などが開発されてはいるものの、その結果はほとんど進歩していないのだそう。

そもそも癌細胞とは誰もが持っていて、病気にならないのは本来持っている免疫力のおかげです。普段から食事やサプリメントで免疫力を高めてあげれば、病気が発祥してからも奇跡的な回復ができるのかもしれません。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~