愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 愛犬がガンにかかった飼い主さんへ

愛犬がガンにかかった飼い主さんへ

家族の一員である愛犬がガンにかかったら、飼い主さんもとても辛く、悲しい思いをしていることと思います。私もうちのミルミルが乳癌かもしれない…とわかった時は、目の前が真っ暗になって、毎晩のように泣いていました。

でもすやすやと眠っているミルミルの姿を見た時に、このコを守ってあげるには、私が動くしかない!と気付いたんです。

どんな治療を受けるかも、今後どれだけ回復できるかも全てが飼い主である私次第。そう思って、病気のことから治療法までさまざまな情報を調べあげて、同じように飼い犬のガンに悩む方たちの少しでも力になればと思い、このサイトを立ち上げました。

ガン治療は飼い主も愛犬も幸せになれる選択を…!

愛犬のガン治療をどのような方法で行うか、悩んでいる飼い主さんは多いと思います。手術、抗がん剤、放射線治療。すべて効果は高けれど、ワンちゃんへのリスクも負担も大きな治療法です。手術後に後遺症が残ったり、注射を受けるたびに副作用で苦しんだり…。そんなツライ思いをさせてまで無理に延命させる必要があるのか、飼い主にとっては大きな悩みですよね。

うちでは、「例え少ない時間でも、ミルミルがこの家に来れて幸せだったと思えるような楽しい日々を送らせてあげたい」と思い、自宅での栄養療法を選びました。約4ヶ月ほどのサプリを使った自宅療養でしたが、今思うとミルミルと片時も離れずに近くで見守れたことが私の幸せでもあったかなと思います。

4ヶ月間、サプリを服用した後は、病状がすっかり回復し、癌の疑いがあったのが嘘かのように今も元気にミルミルは走り回っています。

私たちの場合は、運良くサプリで良い結果が出ましたが、中には手術や抗がん剤治療のおかげでガンが治り、再発もなく長生きをしているワンちゃん達もたくさんいます。

一概に正解と言える選択はないのでしょうが、ぜひ皆さんにも、愛犬も飼い主さんも幸せになれる方法を選んでいただきたいのです。

大切な愛犬ちゃんの病状が少しでも良くなることをお祈りしています。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~