愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 乳癌になった愛犬・ミルミルの看病日記 » 我が家の愛犬・ミルミルのこと

我が家の愛犬・ミルミルのこと

乳癌にかかった愛犬のゴールデンレトリバー・ミルミルの看病日記1ページ目。甘えん坊で人なつっこい子犬のミルミルが私たち夫婦のもとにやって来ました。

ゴールデンレトリバー・ミルミルとの出会い

愛犬ミルミルの乳癌看病日記愛犬ミルミルとの出会いは、2005年、うだるような暑さの8月7日のことでした。

子供を持たない私達夫婦は、一戸建ての購入を機に念願だった犬を飼おうとペットショップに向かいました。たくさんのワンちゃん達がいて、我れ先に抱っこして~とアピールしてくるコもいれば、角の方で様子を見てるコとかもいて、みんな個性があってカワイイ~と大興奮。

そんな中で、一際目を引いたのが、店の一番奥にいたゴールデンレトリバーの子犬です。

ぬいぐるみ?!と思うような完璧な可愛さのおとなしい子で、そっと抱っこをすると、こてんと私に体を預けてきたんです。「この子がイイ!!!」夫婦2人即決で、その日から愛犬ミルミルを我が家に迎えることになりました。

やんちゃで人一倍甘えん坊なミルミル

最初のうちはとてもおとなしかったミルミルですが、数日お家で過ごすうちに本性を発揮!
部屋中を駆け回っては、お水を飲む時間すら惜しい感じで、あたり一面ビショビショに濡らして「遊んで~」と飛びついてくる毎日。

そのクセ、人一倍甘えん坊で、私が洗濯をしに2階に行くと、階段の下でク~ンク~ンと切なそうに待っていたり、お昼寝したい時はここが定位置!とばかりに膝の上に飛び乗ってくるんです。

もうたまらなくカワイイ!!

人間に対しては誰にでもなつっこいのに、どうやら犬は苦手なようすのミルミルです。

相手が自分より小さな小型犬でも、外で出くわすと私の影に隠れてビビっていたり、そんな姿もこれまた愛おしくて大好きです。

成犬になったミルミル。かけがえのない家族の一員となりました

そんなミルミルも順調に大きくなって、今や立派な成犬となりました。犬を飼うのは初めての私たち夫婦でしたが、近所の犬ママ友達に支えられながら、トイレやお座り、伏せなど、ミルミルと一つ一つクリアしていって、お互いに成長していきました。

犬の成長は人間の5倍などと言いますが、本当にあっという間でビックリですね 。

ミルミルが家に来てからは、何をするにも何処に行くにも彼女が一緒で、まるで白黒だった毎日がきらきらと虹色に彩られたみたいです

以前はダラダラしていた週末も、主人と3人でお散歩やピクニックに出かけるのが日課になって、私達家族の絆は日に日に深まっていきました。

そんなかけがえのないミルミルが9歳の誕生日を迎えた数日後のある日、今でも忘れない悪夢のような出来事が起こったんです…。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~