愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 乳癌になった愛犬・ミルミルの看病日記 » 治療に悩んだ日々

治療に悩んだ日々

乳腺腫瘍の診断を受けた愛犬ミルミル。癌摘出の手術を受けるか、サプリメントなどで温存治療をするか、治療法を決定するまでの日々と私たちが出した結論を綴っています。

ミルミルが薦められた犬の癌治療(手術、サプリメント)の内容

乳腺腫瘍と診断を受けてからは、数日間ショックで思考がまともに働きませんでした。

そんな時にふと横を見ると、すやすやと幸せそうに眠るミルミルの横顔。このコとずっと一緒にいたい…ミルミルを守るには、私が動くしかないんだ…!

少しづつ気持ちが上向きになってきて、獣医に電話をしたり、自分でもインターネットなどを使って病気について調べまくりました。

まず腫瘍について、以下のようなことがわかりました。

  • 犬の乳腺腫瘍は50%が悪性で、残りの50%は良性の可能性もあること。
  • 摘出手術は犬の体と心に大きな負担をかけてしまう。(麻酔による死のリスクもある)
  • 万が一、悪性で転移した場合は抗がん剤治療の選択肢もある

そして、治療の方法として以下の選択肢がありました。

  • 乳腺の摘出手術を受ける
  • とりあえず温存して様子を見る(腫瘍が大きくなるようなら手術or抗がん剤)
  • 治療は行わずサプリメントなどで栄養療法を行う

悪性(乳癌)だった場合は、すぐに手術や抗がん剤治療が必要だけど、もし悪性じゃなかったら、ミルミルにさらに辛い思いをさせることになってしまう。しかもまだ腫瘍が良性の可能性が50%もあるのです。

手術は、術後の歩行障害や麻酔による死のリスクもあるようだし、抗がん剤は治療のせいで日に日に弱っていくワンちゃんも多いと聞きます。

今の時点でミルミルに本当に治療が必要なのか…悩みます。

自宅でサプリを使った栄養療法を行うことに決定

数日間、主人とも話し合った結果、私たちはミルミルに手術を受けさせずに、栄養療法でようすを見ることに決めました。今まで片時も家族と離れず過ごしてきたミルミルにとって、一人での入院、手術はとても大きな負担になるハズです。

これまで通りミルミルと楽しく過ごすためには、私たちが今まで以上にしっかりとコミュニケーションを取って、そばで見守ることが一番だと結論を出しました。

万が一、腫瘍が大きくなるようなら、その時に手術や抗がん剤治療を受ければ良いのです。

さらに先生から「サプリメントなどで癌予防もできるよ」と聞いて、すぐさま犬の癌に有効なサプリを探しはじめました。

選んだサプリはダイリンスーパーポリス

調べた中で候補に上がったのは、以下の5種類。

  • ダイリンスーパーポリス
  • コルディM
  • ビガープラス
  • パンフェノン
  • Dフラクション

ダイリンスーパープロポリス獣医さんが推奨しているサプリなどもあって悩みましたが、何よりミルミルの癌を抑制することが一番!と思い、私たちはガンに直接効くという成分を重視してダイリンスーパーポリスを選びました。

このサプリには、プロポリスの中でもめずらしい、ブラジル産の自然由来プロポリスが配合されているのです。とくに「アステビリンC」という抗ガン成分が豊富で、3日でガン細胞を死滅させた研究結果も出ているのだとか。

これならミルミルの癌細胞も撃退してくれるかもしれない…!そう思って、さっそくインターネットで注文をして試すことにしました。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~