愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 愛犬が癌になったら?~飼い主にできること

愛犬が癌になったら?~飼い主にできること

大切な愛犬が癌になってしまった際に、飼い主にできることをまとめてみました。治療の選び方、食事法、家でのケア方法など、参考にご覧下さい。

愛犬が癌になった際に飼い主が行いたい4つの事

癌を患う愛犬に少しでも早く元気になってもらうためには、飼い主が正しい知識を持って素早く行動を起こすことが大切です。病院で癌の診断を受けたら、以下のことを考えましょう。

  • 最良の治療法を選ぶ

病気に打ち勝つために、最も重要なのが治療法の選定です。摘出手術、抗がん剤治療、栄養療法など、同じ癌の治療でも方法はさまざま。愛犬と末永く楽しく過ごすためにも、各治療のメリットやデメリット、治療費の相場をチェックしておきましょう。

  • 癌を抑える食事に切り替える

普段の食事を見直すだけで、癌の進行を遅らせたり、治療の効果を高めることもできます。愛犬の食生活で気を付けたいポイント、積極的に取りたい食品やレシピなど紹介していきますね。

  • リラックスできる環境を整える

度重なる検査に治療、症状の痛みなど…癌を患うワンちゃんはストレスでいっぱい。愛犬にリラックスしてもらうためには、自宅での環境づくりもポイントです。

  • マッサージで痛みを緩和する

ワンちゃんが痛みに苦しんでいたら、愛情たっぷりのマッサージで癒してあげるのがオススメです。リラックスに最適なTタッチや、マッサージ方法をお教えします。

 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~