愛犬が癌にかかってしまった飼い主さんに伝えたいこと

HOME » 愛犬が癌になったら?~飼い主にできること » 癌を抑える食事に切り替える

癌を抑える食事に切り替える

飼い犬が癌になった場合、食事で症状の進行を遅らせることもできます。食生活で気を付けるポイント、積極的に摂りたい食品やレシピなどまとめました。

飼い犬が癌になった際の食事の注意ポイント

飼い犬が癌になった時の食事癌というと「原因不明の病気で、なってしまったのはひたすら運が悪い」なんてイメージがありますが、実は普段の食生活とも深く関係があるようなんです。

犬にしろ、人間にしろ、栄養の偏った食事や過度の油の摂取は、発がん性を高め、がんの治療の成功も阻んでしまうそうです。とくに病気が進行中の犬の場合は、食事は以下のポイントに気を付けるのがオススメです。

  • 糖分が少なく、タンパク質が多めの食事に変える
  • ジャーキーなどのジャンクな油は控える
  • 食欲を高めるためにレシピにバリエーションを持たせる
  • 癌の進行を遅らせるサプリメントを取り入れる

癌の大敵と言われるのが、炭水化物などの糖分です。フードを選ぶ際は、穀物類(糖分)が少なく、タンパク質が多めのものを選ぶと、癌に負けない免疫力を付けることができるそうです。

癌になったワンちゃんのほとんどが食欲を落としてしまうのも、飼い主にとっては辛い悩みのひとつですよね。そんな時はレシピを工夫したり、サプリで栄養補助することも大切です。

とくにサプリは、癌の進行を遅らせるプロポリス配合のものなども販売されているため、早期に治すためにも是非とも取り入れるのがオススメです。

下記に積極的に取りたい食材や、おすすめレシピもまとめてみたので、良かったらこちらも試してみて下さいね。

犬の癌で積極的に摂りたい食材

  • 抗がん

ほうれん草、昆布、アスパラガス、しいたけ、クランベリー、ラズベリー、ブルーべリーなどのベリー系果物

  • 抗酸化(腫瘍の成長を遅らせる)

ザクロ、トマト、スイカ、パパイヤ

  • 免疫力&体力アップ

肉全般、魚全般、人参、キャベツ、ひよこ豆、サヤインゲン

おすすめレシピ

毎日のメインフードに!お手軽免疫力アップご飯

材料:糖質(炭水化物)が少なめの犬用フード、鶏ささみや赤身肉

  1. 鶏ささみ、または赤身肉を表面だけゆがく。(中は生でOK)
  2. お肉の分、ドッグフードの量は減らし、上に1を盛りつけて完成。お肉はお魚に変えてもOKです。
食欲を高める栄養満点スープ

材料:水2リットル、鶏ガラ750g、昆布1/2枚、人参1本、セロリの茎1本、しいたけ2個、生姜1かけ、タイム、オレガノなど好みのハーブ適量

  1. 野菜はざっくりと1/2くらいの大きさにカットして、鶏ガラは内蔵を取り除き、時間があれば一度ゆがいておく。
  2. 全ての材料を大きめの鍋で強火で火にかける。沸騰したらあくを取って弱火で3時間ほど煮込む。
  3. スープを漉して毎回のフードに適量かける。風味がアップしてワンちゃんの食欲を高めてくれます。残りのスープは製氷皿などに入れて冷凍すると便利。
ワンちゃんが喜ぶヘルシーおやつ

材料:ひよこ豆粉2カップ、バナナ1/2カップ、シナモンパウダー小さじ1

  1. 全ての材料をフードプロセッサーで混ぜる。
  2. 打ち粉をしたカウンターで1をこねて、好きな形に成形。160度のオーブンで20分焼いた後、再度80度にして40分焼いて完成。密閉袋に入れて常温保存で日持ちもします。
 
愛犬が癌になったら~ミルミル看病日記~